砂嵐だ〜!

201003220758.jpg
201003220759.jpg
3月21日この日の朝は黄色だった。昨夜は春の嵐のような天気で、雷と雨風が強かった。日曜日の朝は中国からこの嵐と共にやってきた黄砂が日本を舐めるように通り過ぎていった。視界は数百メートルで市内全体がもやってるようだった。花粉と同様に黄砂でもアレルギー反応することのあるので、その体質の方はお出かけの時はマスクが必要です。また洗濯物や外の駐車場に置いてある車も被害の一つでしょう。
ゴビ砂漠のホコリがゴミとなってシミをつくってしまいます。


なんと太陽が、満月の様に肉眼で確認できました。日食の時に黄砂が飛んできてくれたら、サングラスなしで日食を観察できたのにな。以前中国の桂林を旅したときに、ガイドさんが「あなた方はラッキー」と言っていました。桂林は金木犀で有名なのですが、昨晩雨が降るまでは、木々の葉っぱは緑ではなく、黄緑色だったそうです。雨で黄砂が洗い流され、木々は緑の葉を戻し、街もホコリっぽくなくて快適でした。しかし、この黄砂はいったいどこまで飛んでいくのでしょうね?
カテゴリー: 院長の独り言   パーマリンク