アンニョンハセヨ!

201005081540.JPG
201005081541.JPG201005081542.JPG201005081543.JPG
5月の連休を使って韓国に行って来ました。35年前大学のWV部の夏合宿で訪れて以来の訪韓です。釜山から慶州儒城、ソウルまでの世界遺産を巡る旅です。ここ慶州の仏国寺は山門も以前のままでしたが、石窟庵はもっと大きかったイメージが残っていました。最初訪れたときは、夜明け前からカンテラ付けて登った印象が強かったのかもしれません。今回は麓までバスで移動し少し歩いて訪れました。大陸から伝わった仏教の痕跡が根強く残っていました。

ソウルの景福宮での衛兵交代式です。
朝鮮王朝時代の民族衣装と楽器を使って古式豊に繰り広げられます。台湾では忠烈祠での衛兵交代式を見ました。
こちらは銃剣をくるくる回し、一糸乱れぬ行進で、見る者は圧倒されます。
英国のバッキンガム宮殿での衛兵を見る機会もありました。騎馬を先頭に独特の帽子をかぶった衛兵の行進は絵になりますね。台湾の衛兵はまばたきすらしませんでしたが、韓国の衛兵はサービス精神旺盛で、写真を撮るとにっこり笑ってくれました。

お昼に食べた「門前山菜料理」です。
これらをご飯と一緒に食べると、結構いけます。丁度ビビンバですね。毎日このメニューでしたら、ダイエットには効果あるでしょうが、「三歳」になる頃には飽きちゃうでしょうね?
韓国では朝・昼・晩毎食ごとに「キムチ」がでます。今回の旅行で日本で食べる1年分の「キムチ」をいただきました。

南大門市場です。ハングル文字が氾濫しており、理解できない韓国語が飛び交う中で、何故か私たちは日本人だと判るみたいで、日本語を巧みに使って誘ってきます。選り取り3着で1000ウォン(100円)のシャツ売り屋台には韓国の人が群がっていました。この風景は中国でも目にしますが、アジアのパワーを感じさせます。韓国国宝第1号の南大門が放火により消失してしまったのは、日本人としても本当に残念です。しかし、35年前に訪れた時と違い、ソウルは88年のオリンピック、その後ワールド・カップ開催などで国を挙げての、再開発、再構築で整備された美しい街になっていました。カムサハムニダ!
韓国でサンドイッチのことを何と呼ぶかご存じですか? 「パンニハムハサムニダ」??


カテゴリー: 院長オフ・タイム   パーマリンク