ドバイでのお正月

年末年始を大学時代の友人3人と一緒に、ドバイで過ごしました。還暦旅行としてドバイでのゴルフと、デザート・サファリー(砂漠サファリー)などを楽しみました。


ドバイ・ゴルフ1.JPG                      Emirates Golf Club

ここは、ドバイオープン(毎年1月に行われるヨーロッパゴルフトーナメント)が
開催されるゴルフ場です。
周りは近代的なビルが建ち並び、まるで未来都市でプレーしている気分でした。元々は砂漠にゴルフ場が出来て、その後にビルが建設されたそうです。
ラフの芝が長くボールを幾つもロストにしてしまいました。


ドバイ・ゴルフ2.JPG
                Al Badia Golf Club

このゴルフ場はインターコンチネンタル系列のホテルが経営するゴルフ場で、贅を尽くしたゴルフ場でした。ドライビングレンジが、天然芝からボールを打ち放題!しかも無料。整備されたコースで快適なゴルフを堪能しました。遠くに見えるのがドバイ市内で、バージュ・カリファ(世界一の塔)も確認できました。砂漠のゴルフ場にしては、やたらクリーク(池)が多く、ここでもボールを現地にたくさん置いてきました。カモメをはじめとして何種類もの水鳥達が生息しているのにも驚きました。

ドバイ・ラリー.JPG
               デザート・サファリー

砂漠を4WDの車で駆け抜けます。まさに地上のジェットコースター!車酔いする方にはお薦め出来ないツアーです。アクシデントがあったら、1台ではどうすることもできません。ツアーは複数の車でキャラバン隊のごとく移動しますが、各ドライバーによって、サービスの程度が違います。我々のドライバーはサービス精神旺盛で、これでもかと言うくらい砂漠のジェットコースターを満喫させてくれました。

ドバイ・ラクダ.JPG
                                                 砂漠と言えば「ラクダ」 

 丁度ラリーの途中、ラクダの行列に出くわしました。ラクダは頭の良い動物で、自分で帰る方向が判るそうです。人間だとまず無理でしょうね。何処を見ても目標になるモノがありません。遊牧民のキャンプでラクダに乗りましたが、決して「楽だ!」とは言えませんでした。


ドバイ・タワー.jpg

バージュ・カリファ

世界一の高さ(828m)の高層ビル。
このビルの125階にある展望台
(地上442m)アット・ザ・トップも世界一

ここの展望台は、何と隙間が空いていて、手や足を出すことが出来ちゃう。
でも何か落としたらと思うと怖くなりました。恐らく風の影響を考えての構造だと思います。

建物は三つ葉のクローバのような形でどの方向から風が吹いても影響を受けない設計だそうです。

エレベーターで一気に展望台まで上がります。その速さも世界一。耳がつんと痛くなる感じでした。







ドバイ・都市2.JPG

展望台からの眺め

眼下に見える人造湖で、これまた世界一の噴水ショーが繰り広げられます。
ラスベガスのホテル・ベラージオの噴水を手かげた人の設計ですので、基本的にはよく似ていました。音楽に合わせた水のショーは圧巻でした。

鉄人28号みたいな建物は、今ドバイで人気No1のホテルジ・アドレスです。




ドバイ・都市3.JPG


近未来都市?

近代化の波というより嵐の様な建築ラッシュ!数年前のドバイショックから立ち直りを見せた街は、今後も数十ものビルが建設予定とか。砂漠に超近代的なビルの組み合わせは、SFの映画のワンシーンを彷彿させ
カテゴリー: 院長オフ・タイム   パーマリンク