鹿児島に行って来ました!

10月16日から18日まで新居浜の秋祭りを使って、初めて乗る新幹線「みずほ」で岡山から鹿児島中央駅まで約3時間!速いモノですね。お昼前に鹿児島に着いたので昼食は駅前で「鹿児島ラーメン」を頂きました。

鹿児島ラーメン.jpg
九州ですので豚骨スープですが、長崎のチャンポンもコラボしたような味でした。黒豚チャーシューが売りですが、少しぎとっていました。

早速「桜島」観光に出かけました。前日までが雨だったそうで、いつになくくっきりその姿を見ることができました。

鹿児島フェリー.jpg
お天気の日でも、これ程はっきり見える日は少ないとのことでした。15分ほどで到着、最初は湯之平展望台へ。その後有村溶岩展望所まで足を伸ばしました。

鹿児島1.jpg
ラッキーなことにタイミング良く目の前で噴火が起こりました。1日に何度か噴火を繰り返すそうですが、その瞬間を間近で見ることができ感動しました。

鹿児島2.jpg
桜島は御岳(北岳)、中岳、南岳があり現在噴火しているのは南岳だそうです。風向きによっては硫黄の臭いがする火山灰が降ってくることがあるので、ちょっとした見物でも観光タクシーの運転手さんは傘を持って説明してくれました。

鹿児島3.jpg
もう一つの名所「仙厳園」にも行ってみました。19代島津光久が別邸として建てられたもので28代島津斉彬は集成館を築くなど島津家の歴史の中で重要な意味を持つ場所となっています。NHKの大河ドラマ「篤姫」もここでロケされたそうです。磯公園とも呼ばれるお庭からも桜島の雄姿を眺めることができます。歴代のお殿様は毎日こんな景色を眺めて生活されていたんでしょうね。

鹿児島4.jpg


お庭にあった「五葉松」は立派でした。
島津斉彬は、磯地区を中心に富国強兵・殖産興業政策を推進するために集成館事業を興しました。この事業は造船・造砲・製鉄・紡績・ガラス・印刷・電信・医療など様々な分野に及んでいました。

斉彬は「国中の者が豊に暮らすことができれば、人は自然にまとまる。人の和はどんな城郭よりもまさる。」と語ったと伝えられています。









2日目は薩摩の小京都と呼ばれる「知覧の武家屋敷」を見学して、指宿温泉まで足を伸ばしました。

kagosima5.jpg
                 西郷恵一郎庭園

kagosima6.jpg
                平山克己庭園

kagosima7.jpg
                 森重堅庭園

江戸時代、薩摩藩は領地を外城と呼ばれる113の地区に分け、地頭や領主の屋敷である御仮屋を中心に麓と呼ばれる武家集落を作り、鹿児島に武士団を集結させることなく分散して統治にあたらせたそうです。知覧はその外城の一つで、当時の面影がそのまま残っていました。

kagosima8.jpg
指宿では「砂風呂」を堪能して3日目は開聞岳の周辺を観光しました。ここは日本最南端のJR
「西大山駅」です。コスモスも咲いていてのどかな駅でした。

kagosima9.jpg
竜宮伝説がある「長崎鼻」へ行く途中の開聞岳と海岸線です。昔はこの海岸にウミガメが産卵に上陸していたそうですが、最近は海岸線の砂が削れられたためウミガメは上がってこないそうです。薩摩富士とも呼ばれる開聞岳は昔の船乗りにとっては、判りやすいシンボルだったそうです。琉球や中国との貿易もこの山を目標に行き来していたのでしょうね。

kagosima10.jpg
今回の旅行は3日間ともお天気に恵まれ、本当にラッキーな旅でした。この長崎鼻には龍宮神社があり、竜宮伝説には立派な家系図まであって、浦島太郎と乙姫(豊玉姫)の間に産まれた子供の4番目の孫が日本国初代天皇の神武天皇だそうです。

kagosima 11.jpg
「イッシー伝説」の池田湖も寄ってみました。ここからも開聞岳がよく見えました。また湖畔では巨大ウナギ(胴回りが60センチ、体長1メートルを越える)が飼われていました。ちょっと食べる気にはなりませんでした。ウナギと言うよりウツボって感じかな。

kagosima12.jpg
指宿から鹿児島中央駅までは「特急玉手箱号」が運良くキャンセルが出たため、これに乗ることが出来ました。IBUTAMAと呼ばれる2両編成で座席は60席しかなくAの指定席はみんな窓に向かっての席となります。海岸線を走っているときは快適なのですが、それ以外の所は景色が左から右に流れる為、目が眼振みたいで楽じゃありません。折角とれた指定席なのに寝てるお客さんも結構いました。車内販売は綺麗な売り子さんを用意して、ここだけですよ!あと一つになりました!などと言葉巧みにグッズを売っていました。鹿児島に到着すると列車からスモークが出て、その雰囲気を演出するなど結構凝った電車です。車輛を改良するのに何千万もかかったとか・・・?そりゃ車内販売にも熱がいりますわな〜。

てな訳で快適な九州鹿児島の旅でした。帰りは「サクラ」で帰りました。「みずほ」との違いはサクラの方が停車駅が多かったことだけでした。
カテゴリー: 院長オフ・タイム   パーマリンク